FC2ブログ

2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nちゃんとの夜(4)

Nちゃんとの夜(3)の続き



足を大きく左右に広げると、彼女のあそこがあらわになり、少し口を開いてピンク色の中が見えた。濡れて薄明かりにいやらしく光っていた。


僕は我慢できずに、舌をいっぱいに突き出して、そっと下から上へとぺろっと舐め上げた。
あぁぁ~・・・・
彼女は大きく声をあげ、足に力を入れて閉じようとした。

僕は構わず、ぴちゃぴちゃと大きな音を立てて、舐め続けた。時々、口をすぼめて、クリを強く吸い上げて、彼女の反応を楽しんだ。

クリを舐めながら、指をあそこの中へと入れていくと、ヒダヒダが指にぎゅっと絡みついてきた。そのまま、ゆっくり指を出し入れすると、だんだんと抵抗が弱くなってきて、さらに奥へと入れていった。

指の根元まで、深く入れると、彼女は
はぁ~
と大きく息を吐き出した。

指を曲げて中をゆっくりと掻き回すと、クチャクチャと音が響き、白く濁った汁があそこからあふれ、お尻の方へと垂れていった。

指に力を入れて、だんだん激しく動かしていくと、
あっあっ・・・・だ、だめ~
と大きな声を上げて、力が抜けて、ぐったりした。
また、いったの?
と訊ねると、小さく頷いた。

指を抜くと、どろどろに濡れており、シーツに大きなシミが出来ていた。

彼女の横に寝転がって、彼女の横顔にそっとキスをした。彼女の肩に腕を回して、優しく抱きしめた。

彼女は、指で僕の胸をそっと撫でまわした。そのうち、その指が僕のお腹からさらに下へと降りていった。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yayayaya.blog39.fc2.com/tb.php/28-6432c1a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

Y

Author:Y
35歳♂既婚。子無し。東京在住。
彼女募集中(笑)

リンク、コメント、トラックバックは大歓迎です。

メールはこちらまで

にほんブログ村 恋愛ブログへ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー(月別)

03≪│2017/04│≫05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。