FC2ブログ

2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nちゃんとの夜(2)

Nちゃんは湯船の端にちょこっと座って、恥ずかしそうにしていた。
もっと、こっちにおいでよ
彼女の手をとって、そっと引き寄せた。
うん。やっぱり恥ずかしいな~

彼女は僕に背を向けて、僕の足の間に座った。僕は両手を彼女の前に回して、後ろからぎゅっと抱きしめた。
好きだよ
私もだよ



彼女は体をひねって後ろを向き、僕の顔を上目遣いに見つめた。僕は、たまらず彼女にキスをした。そして、ゆっくりと舌を彼女の口の中に差し入れ、彼女の舌をまさぐった。彼女の舌と僕の舌とを絡ませあいながら、強く抱きしめた。

キスをしながら、手のひらで彼女の胸をまさぐった。ちょっと小ぶりで僕の手のひらにすっぽりと納まり、指の隙間から乳首が覗いていた。

指に力を入れて、乳首を挟みつけると
あんっ
と小さく喘いだ。

乳首を指で転がしながら、耳からうなじ、首筋と舌を這わせた。彼女は舌が触れるたびにぴくんと体を震わせ、
あんっ・・・あんっ
と何度も喘いだ。

下腹部へと手を伸ばすと、彼女は足をぎゅっと閉じた。
大丈夫。力を抜いて

手で足を少し開かせ、太ももの内側を指先で付け根に向かって撫で上げていった。指先が付け根に近づいてくると、指から逃れようと彼女はちょっと身をよじった。

指先が付け根に触れ、そっと中に滑り込ませた。そこは、お湯とは違う液体で濡れ、指でまさぐるとだんだんと口を広げていった。

彼女は目を閉じて僕のもたれかかり、
あんっ・・・あんっ
とかわいい声で喘ぎ続けていた。

指がクリに触れると、一段と大きな声で喘ぎ、足を閉じてきた。構わず、指で円を描くように撫で回し続けた。

大丈夫? のぼせそうだね
うん。もうだめ・・・・

彼女を抱えて、湯船の縁にこちらを向いて座らせ、足を大きく開かせた。
だめ・・・恥ずかしいよ
すごい綺麗だよ。力を抜いて

顔を彼女のあそこに近づけ、舌でクリを舐めあげた。
あああ~・・・・・
彼女は両手で僕の頭を抱えながら、大きな声を上げた。

舌でクリを舐めまわしながら、指をゆっくりと中に差し込んでいった。中は狭く、すごく濡れていた。指を付け根まで差し入れ、ぴちゃぴちゃと音を響かせながら激しく中の壁を擦った。

あっ~だめ・・・・・いく・・・いくよ
いいよ・・・・いって良いよ

さらに激しく指で擦り続けると、体をびくんと震わせて、僕のなだれかかってきた。僕は彼女を下から支えて、彼女の痙攣が治まるを待った。

もう~。恥ずかしい
と言って、顔をそむけた。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント

初めまして^^

履歴から、参りましたww
Nちゃんとの恋ww
なんだか、すがすがしくてww
お風呂の感じがね、、
自分時を思い出します。
電気を消して、、薄明るい湯船に浸かり。。
背中を彼にもたれかけて、、
正面を向いた時は、、、
恥ずかしくて。。。ww
うんうんww
Yさん^^ Nちゃんとぎゅーーとしたくなる恋
楽しみに。。又きますね^^
では~~

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yayayaya.blog39.fc2.com/tb.php/16-e0ca6492
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

Y

Author:Y
35歳♂既婚。子無し。東京在住。
彼女募集中(笑)

リンク、コメント、トラックバックは大歓迎です。

メールはこちらまで

にほんブログ村 恋愛ブログへ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー(月別)

06≪│2017/07│≫08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。